業務支援を受けるには

どんな仕事にも、花形ととらえられる目立つ仕事に就く人もいれば、縁の下の力持ちとして、花形の人たちを支える立場に回る人もいます。会社や職場でそうした縁の下の力持ちの人たちが行うのが、自分の仕事とは別の、誰かのための業務支援の仕事なのではないでしょうか。自分の行う仕事自体が、誰かのためになることも多いものの、業務支援という観点から言えば、別に時間を設け、誰かの業務を円滑に進めるためにあえて行う仕事という認識でとらえていることの方が多いでしょう。そうした仕事は、自分の仕事が忙しい時には億劫に感じたり、面倒に思ったり、なぜやらないといけないのかなどと考えてしまうこともあります。業務支援を受ける側はそうした事情を考え、支援を受けることに対して感謝の気持ちを言葉にすることで、さらなる支援が受けられることを知っておくことが必要なのかもしれません。

業務支援における課題は

会社のシステムとして、業務支援という仕組みを構築してあるとしても、その仕事だけに没頭する人材を置くほど余裕を持って、人を雇っている企業は少ないのではないでしょうか。それを思うと、たいていの場合は他にメインとなる仕事をしつつ、その合間に、誰かのために業務支援に関する仕事をしていると考えるのが妥当でしょう。そうなると、支援をする人とされる人との間の意識のずれが問題になってきます。会社のシステムとして構築されている場合、支援される側はそれが当たり前と感じてしまいがちですが、支援する側は、たとえ会社のシステムではあっても、自分の仕事と直接的な関わりが薄ければ、どうしてもさせられている感が生まれます。してもらっている方から感謝の気持ちが伝わってこないこともマイナスになるため、いかに両者の意思疎通をスムーズにするかは、業務支援に欠かせない課題です。

誰かの業務支援になるように仕事をすることが

大きな会社では、一つの会社の中にさまざまな部署が存在し、たくさんの仕事を分担して行うのが普通です。最初から最後まで、一人で仕事を手掛けるということはほとんどなく、新人から始まった仕事が先輩に回り、さらには上司の手に渡り、関係部署へと散っていくといった感じではないでしょうか。そうなると、どんな仕事をすることが他者に対する業務支援になるのか、よくわからないということも生まれてくるでしょう。特に新人の間は自分の仕事に精一杯で、周りのことを見る余裕もないと思われます。そんな状態も、経験と仕事の年数を重ねていく事で周りが見えてきて、こうすればこんな業務支援ができるということに気づくようになります。それに気づいて実行する人もいれば、わかっていても他者のためになど行わないという人もいますが、できることなら誰かの役に立つような仕事をしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*