オリジナルTシャツのデザインの種類

自分で作ったこだわりのTシャツを作りたいという時、オリジナルTシャツは手軽につくることが出来ます。オリジナルTシャツを作る時、次の事を選択することになります。Tシャツの素材からすべて揃えて自作で作るか、ネットなどweb上でオリジナルTシャツを扱っている会社を見つけて注文するかです。その際、それにかかる手間と作る枚数によって決めると良いでしょう。こだわりの1枚を作るなら前者、何枚も作る場合は後者です。ここでは自分で最初から作る場合のオリジナルTシャツの種類について書いていきます。アイデア次第で色々な方法がありますが一般的に多く用いられている方法は、アイロンを使うやり方が2パターンで、圧着する方法と転写する方法があります。その外には布用スタンプ(インク)を利用するステンシルプリントと業者が使用している方法で、版を作るシルクスクリーンプリントです。次でそれぞれを紹介していきます。

アイロンを使用したオリジナルTシャツのプリント方法は2つあります。

オリジナルTシャツを自分で作る方法で手軽なのがアイロンプリントです。アイロンプリンント用紙にデザインを印刷し、アイロンで圧着して台紙をはがせば出来上がりです。その際注意するのがプリント用紙の選択です。用紙によってはお手持ちの印刷機が対応できない機種もあるので事前に確認しておくと良いでしょう。Tシャツの生地はポリエステルやメッシュ地は転写がうまくいかない場合があるので注意です。デザインをきれいに印刷する事、きれいに転写することが初めは難しいようなので、何度か練習することをお勧めします。同じアイロンでもサンラバーと呼ばれる素材を熱で転写して張り付けていく方法もあります。アイロンプリントより耐久性かあり色あせもないのが特徴ですか、色がサンラバーとして売られているもののみで、複雑なデザインや本格的な色を使うものは難しいのでデザインの幅が狭くなります。

そのほかのオリジナルTシャツのプリント方法を教えます。

次にオリジナルTシャツを作る方法ですが、プリント業者が行っている印刷方法でシルクスクリーンプリントと呼ばれるものがあります。細かいメッシュの形のような版を作ってインクを刷っていく方法です。これは一般ユーザー向けにキットなども販売されています。同じデザインのものをたくさん作りたい時などに向いています。最後にステンシルプリントです。フォントやロゴなど型が切り抜かれたものをTシャツにあて、布用のスタンプインクでプリントする方法です。完成図のイメージを共有しやすく、直感的にプリント可能なのでオリジナルTシャツ作成が容易に出来ます。自作というと少しハードルが高いと思われがちですが、シンプルで簡単にできるものやこだわりの1枚を細部までやりたい場合など、自分のやる気によって作り方を選んでいくと良いでしょう。